夫婦ゴルフ
ゴルフ談義(文庫)

今週の一冊

TOP
今週の一冊(BackNumber)

「タイトル別検索」「作家別検索」は、
TOPページの
グーグル(サイト内)検索をご利用下さい。

「解 説」 より抜粋       古山高麗雄

「丹羽学校の教授法は、生徒の個性に従って教えるという天才教育法である」

先生は、生徒がスランプに陥ると、適切なアドバイスをしてくれるが、
先生の天才教育法は、絶妙である。

生徒は、登校すると、存分に個性を発揮しながらゴルフを楽しむ。
楽しみながら天才教育を受け上達する。

生徒もそれぞれだが、丹羽校長は、技術の向上にさほど熱心でない生徒も、中途半端な生徒も、
その生徒なりに、多くを語らず指導する。

私は、もちろん、もっと上達したいと思ってはいるが、思うばかりの半ちくゴルファーである。

私は、我が強く、習い方のうまい生徒ではない。
プロに教えてもらおうなどという気持ちはまったくなくて、
スコアをまとめるために頭を使うより、冒険に挑戦する快感を追う感情に奔る。

そういう我の強さが、しばしばスコアを大きく崩すのだとわかっているし、
そのために自分流の狭いゴルフから抜けられないのだと自覚もしているのだが、直らない。

ところが、そういう私が、丹羽校長の指導にだけは素直である。
実は、もっと多く、教えてもらいたいのである。

KAZU(kmgh@angel.ocn.ne.jp)

amazon で、
中古本が、1260円で購入できます(2013.03.10)。

ゴルフ談義(文庫)
丹羽文雄
1981年10月10日 潮文庫

・・・

作家。
1904(明治37)年四日市市生まれ。
早大国文学科卒。
僧侶生活を経て小説を書く。
59年毎日芸術賞、
また日本文芸家協会理事長、同会長を務めた。
81年文化勲章を受ける。
「告白」「哭壁」「蓮如」など著書多数。


ゴルフ歴30年の作家が語る実感ゴルファーズダイアリー。
自己鍛錬のウルトラCをここに明かす。

ゴルフ情報!! 
「ゴルフ本」情報!! は、こちらへ