夫婦ゴルフ

今週の一冊

TOP
今週の一冊(BackNumber)

・・・

「タイトル別検索」「作家別検索」は、
TOPページの
グーグル(サイト内)検索をご利用下さい。

フェアウェイの涙

高橋三千綱

フェアウェイの涙
高橋三千綱
2005年10月20日 双葉文庫

涙を誘う、短編集です。

 勝負というものには、その背後に必ず人間と運とさまざまな感情が存在する。・・・と、裏表紙の紹介文が書いてあるが、普通にサラリーマン生活を送ってくると、さすがに勝負かな〜と思う場面に遭遇することも何度かあるが、それが、涙にまで繋がることはほとんど(いや、まったく)無かった・・・と思う。

 ゴルフというスポーツの周辺で、時に男たちはさまざまなものを賭して真剣に闘い、運命の女を女神とし、子への情を伝えようとする。


 T 章 (6話) 

父親と子どものストーリーです。

「男は生涯に三度、
 フェアウェイの彼方に少年時代の夢を見る。」


 U 章 (6話) 

男と女のストーリーです。

「女は男の視線の先を追わない。
 男の横顔だけを見つめる。
 それでいいじゃないか。」

1991年「オン・ザ・ティ」として、講談社より単行本、
1994年「涙」として、講談社文庫より刊行された、リメイク版です。

                                     (2008.05.06)

オン ザ ティ
KAZU(kmgh@angel.ocn.ne.jp)

amazon なら、

中古本が、

1円で、

購入できます。

(2008年05月現在)