TOP
夫婦ゴルフ
KAZU(kmgh@angel.ocn.ne.jp)
「いつでも80台」トップページ

アベレージゴルファーが、
「いつでも80台で回れる」ようになる、ゴルフ術

第5章 スウィングマネジメントについて

ショート・ウッドで、フェアウェイキープする!!

フェアウェイキープを考えたときに、ショート・ウッド(私の場合は、=2UT)が、有効です。

ティーショットでも、飛距離こそ十分ではないですが、
フェアウェイキープを考えれば、これが一番かと思われます。

特に打ちおろしの時などは、
ドライバーで曲がり始めると、「どこまでも曲がってしまう」という傾向があるので、
2UTで、低めのティーから低い弾道のボールを打ち出すのは、理にかなっていると思います。

そして、パー5の2打目もそうです。
ロフトのあるUTで、打っていきたいところですが、
安全を考えると、低いボール(ゴロでもいいくらい)で、そこそこ距離が出せるのは=2UTです。
「高く上がって曲がっていってしまう」という危険性もないので、いいですね。

参考図書では、FWを紹介していますが、私はUTです。

アイアンは、ダウンブローに打つ!!

最近、特に、プロ・トーナメントの映像を見て、とても気になっていたことがありました。
それは、アイアンで「ターフをバシバシと飛ばしている」ことでした。
ミドルアイアンはもちろんのこと、ショートアイアンやウエッジでもそうです。
なにかな〜、なんて思っていましたが、
「ダウンブローに打っている」ってことなんですね。

こんなのがありましたので、紹介しておきましょう。

「アイアンの芯はスコアラインの下から3〜4本目あたり。
ここで打つには
ヘッドが下がっていく過程、つまりダウンブローでボールをとらえなければいけません。
芯に当たってこそ、本来の飛距離が出てスピンもかかる。
ダウンブローがいい、というよりは、ダウンブローでなきゃダメなんです!」

これは、「是非、やってみてほしい」ことです。

”目からウロコ”です。
まず、ボールが真っ直ぐに飛んでいきます。
そして、大体、思った通りの飛距離になります。
特に、ショートアイアンやウエッジでグリーンを狙うときに有効です。
グリーンセンターを狙っていけば(我々のレベルでも)、
グリーンにオンさせる、ずれてもエッジくらいに収まります。

ただし、我々がいつも行くコースなどでは、フェアウェイの芝が硬くて、
「ターフが飛ぶ」ってことはほとんど無いのが残念です。

だまされたと思ってやってみて下さい。
もちろん、練習は必要ですが・・・・・。

・・・