TOP
あなたは、
「自身を持って」「自分を信じて」プレーできますか。


よくプロゴルファーたちが、
「今日は自分を信じて最後までプレーします」と言って、スタートしていきます。

さて、自分に置き換えてみましょう。

ただ「頑張るぞ!」とか言っても、そうはいかないし、とてもじゃないけど
「自信を持って、なんて、プレーできない」と考えてしまうのが普通でしょう。

やはり、何かの、裏付けがないと”そう思えること”は無理のようです。

昨年、私は、アベレージ=「100」のスコアを、
なんとか「93」まで持って行きたいと考えて、
頑張って”毎日”の素振りとパッティング練習を続けました。

すぐには、結果は出ませんでしたが、徐々によくなってきて、
時々は、「90」を切れるようになりました。

そういう時に、「90」を切ることに対して、
「こんなに練習しているんだから、当然とは言わないけど、不思議でもなんでもないんだ」
と感じている自分がいた、ことに気づきました。

そして、今、
「いつでも80台」を考えてみると、もう一歩すすんだ”何か”が必要に思えてきました。

そうやって考えていると、あることに気がつきました。
それは以前、何かの本で(もちろんゴルフ本ですが)読んだことのあることでした。

一度でも「90」を切ったことがあるなら、あなたは、「90」をきる実力がある。
ということでした。

「いやあ、たまたまですよ」と言うかも知れませんが、そうではありません。
もちろん”ラッキー”もあったかもしれませんが、
同じくらい”アンラッキー”もあったはずです。

そして、それは、こうも考えられます。
一度でも「パー」を取れたホールに対しては「パー」を取れる実力があるってことです。

あなたには、よく行くゴルフ場はありますか?
そこでのスコアカードはとってありますか?

一度、これを、やってみて下さい。
「ホーム・コース ホール・ベスト・スコア」のデータを取ってみましょう。

例えば、5回ラウンドしたのなら、1番ホールでの「ベスト・スコア」を取り出します。

「ダボ」、「ボギー」、「ボギー」、「トリプル」、「パー」、「ダボ」 
だったら、「パー」を抜き出します。あなたの実力は「パー」です。

これを18ホールにわたってやってみると、面白いことが分かります。
「100」を一度も切ったことのない人でも、本当の実力は「90」だったりします。

私のよく行くゴルフ場は「新・天城にっかつゴルフ倶楽部」です。
距離もそこそこあるし、造りも他と比べて遜色はないし、
まあ、普通以上のコースだと思っています。

今では、月に2〜3回のラウンドができていますが、
近いことや、安いこともあって、月に1度はここに行っています。

スコアカードは、以前からずっと保管してきているので、
ずっと、たどって、やってみました。

すると「あら不思議!」
なんと「アンダー」になってしまっています。


「ボギー」が1ホールあって、あと、ほとんどのホールでが「パー」を取っていて、
なんと「バーディー」が数ホールありました。

これは、結構、自身につながります。
「うまく、頑張って回れば、”パープレー”も夢じゃない」と思うことができます。

さて、あなたは、どうですか?
是非とも、やってみて下さい。

残念ながら、データ(スコアカード)を持っていない人は、
今からでも遅くはありませんので、是非、やってみて下さい。

月に、2回、ラウンドできるようでしたら、
1回は”いつものコース”に行って、データを積み重ねてみましょう。

きっと、面白いことが分かります。
きっと、自信につながります。
そして、「今日は。自分を信じて、最後までプレーするよ」と言ってください。
夫婦ゴルフ
KAZU(kmgh@angel.ocn.ne.jp)
「いつでも80台」トップページ

アベレージゴルファーが、
「いつでも80台で回れる」ようになる、ゴルフ術

第4章 メンタルについて

「快適レベル」「安心できるレベル」って・・・・・。

「快適レベル」とか「安心できるレベル」とか、
いろんな人が、いろんなことを、メンタルの本に書いています。

例えば、いつも「100」で回っているいる人は、
「100」のスコアを記録することがもっとも快適であり心理的にも安定しているというのです。

スコアが良すぎると、『これは私にとって出来過ぎだ』と考え、
『出来過ぎのスコアは不快だ』と考えるようです。

え〜そうかな。などと思ってしまいますが。
脳はあくまで平均スコアでプレーするためのプログラミングを作成しているそうです。

さて、なかなか「100」を切れない、あなたは、どうですか?

順調にラウンドが進んで、最終ホールをボギーでも「99」で上がれるところまできて、
なんと、ティーショットを曲げてラフ、無理にグリーンを狙ったがラフからちょっと出ただけ、
次のショットも乗らず、アプローチをオーバーしてしまう、なんとか乗せたがそのあと2パット。

結局、トリプルボギーになってしまって、トータル=「101」、いつものスコアになってしまった。
「悔しいなあ〜」と言いながらも、なぜか、”ホッとしている”自分がいます。

「90」を切れない、あなたも、そうですよね。
結構、同じことを繰り返してしまっているはずです。

そこで、必要なのは、今後、
目標スコアを設定し、そのスコアを強く自覚することです。

昨年の私は、今までの平均スコア=「100」から、
なんとか「93」で回りたいと、目標に定めました。

自分の「快感レベル」を、なんとしても引き上げることが必要です。

それだけで、自動的にプレーのプログラムが改良され、
意外と簡単に、スコアアップが実現出来ます。

「禅 ゴルフ」に「”自己サボタージュ”の克服法」というのがあります。

一度、読んでみて下さい。

参考資料:ホーム・コース ホール・ベスト・スコア
参考図書:「禅 ゴルフ」

・・・