ゴルフ日誌

ゴルフ日誌(BackNumber)
夫婦ゴルフ
TOP

☆☆ ゴルフ予約は、いつもここから・・・

2007年08月21日 新・天城にっかつゴルフ倶楽部
松見コース=36 kazu=49
富士見コース=36 kazu=48

新・天城にっかつゴルフ倶楽部

うまくいかない、ですね・・・。
ゴルフダイジェスト・オンライン

GDOなら、
平日・セルフプランで、
6800円
(1300円分の
昼食付き)。

安いですね!!

KAZU(kmgh@angel.ocn.ne.jp)

・・・

自分なりの
パープレーを!!

朝の爽やかな空気!!
月も残っていて、
もう秋の気配です。

なかなかうまくいかないもので、
結局は実力通りに収まってしまいました。

前回からやってみているスコアカードの記入(自分のパーと向き合う)ですが、
@松見コース 1〜3 = +2 (立ち上がりはいつも上手く行かない)
A松見コース 4〜6 = △1 (HCP1のホールで1打余分でもOK)
B松見コース 7〜9 = ±0 (なんとか、自分のパーで通過)
松見コース合計 = +1 自分のパーより1打多かった。立ち上がりを慎重に!
C富士見コース 1〜3 = +1 (2番のドライバーのOBがきいている)
D富士見コース 4〜6 = △2 (5番のパー5を”5”であがる。これが△2)
E富士見コース 7〜9 = +1 (9番のドライバーOBとSWの失敗)
富士見コース合計 = ±0 自分のパー通り。
総合計 = +1 自分のパーより、1打多く打ってしまった!!

タラレバをいっても仕方がないが、
E富士見コース 7〜9 の内容はこうだった。
7番 本来パー5、自分のパーはHCPがついて”7” ここを5打であがって △2。
8番 本来ぱー3、自分のパーは”4” バンカーに入れたが1発脱出で ±0。
9番 本来ぱー4、自分のパーは”5” ドライバーのOBとSWの失敗で +3。

いつものこと(自分のパーの通り)になってしまったが、
9番ホールはまずかった。
1.ティーショット
  300ヤードの打ち下ろしのパー4(自分のパーは”5”)。
  左はOB、右は隣のコースとつながっていて、打ち込んでもセーフ。
  当然右目に狙いを定めて(ボールに引いた線を向けて)スタンスする。
  「なんかすごい違和感」があったが、そのままショット。
  ・・・・・ボールは左に引っかかってOBゾーンへ。
  教訓1:スタンスして違和感のあるときは仕切り直しをすること。
       ・・・出来ればティーの位置も変えて、最初からやり直す。
2.セカンド・ショット
  グリーンセンターまで80ヤード(手前にガードバンカー)。
  登りもみて90ヤードのショット=本来ならFウェッジだが入っていない。
  SWで強めに打てば、なんとかなると考えてしょっとバンカーにつかまる。
  ・・・この時、バンカーの存在が分かっていなかった。
  教訓2:登り分は、20ヤードくらいみても良さそうだった。とすると、PW。
3.サード・ショット
  横長グリーンで横長のガードバンカーがくっついている。
  ピンはグリーン奥、ボールはバンカー手前、ピンまで15ヤードくらい。
  あせって、ピンを狙って打ってしまう。7ヤードくらいしか飛ばず再びバンカー。
  またまた、あせって、今度はホームランで反対側のバンカー。
  落ち着いて出すだけにして、2パット。
  教訓3:バンカーショットはせいぜい7〜8ヤードがいいとこ、長いグリーンだっ        たので出すだけでも(ピンを狙わずに)オンしたはず。

教訓は、生かせなくっちゃ、意味ないんですよね。