ゴルフ日誌

ゴルフ日誌(BackNumber)
夫婦ゴルフ
TOP

☆☆ ゴルフ予約は、いつもここから・・・

2008年07月01日 ニセコ ゴルフ コース
アウト=36 kazu=49 mari=55
イン=36 kazu=54 mari=50

ニセコ ゴルフ コース

さわやか北海道、初日!!
ゴルフダイジェスト・オンライン

GDOなら、
平日・セルフプランで、
コース乗り入れOKで、
5500円。
安いですね!!

レディース・デイは、
昼食サービス!!

KAZU(kmgh@angel.ocn.ne.jp)

・・・

9時29分のスタート予約。ホテルを8時半に出発するが、順調に走行できて、9時ころには到着できそうになってきた。「ニセコ ゴルフ コース」っていう名前もちょっと怪しい雰囲気。普通は「カントリークラブ」とか、気取っていますよね。

インターネットの紹介だと、「アーノルド・パーマーの設計」とか・・・、
じゃあ、そんな、怪しい訳ないですが・・・。

確かに、パンフレットを貰ってみると、

羊蹄山とニセコ連邦を望む雄大なコースを、
乗用カートのセルフプレーで快適にラウンド。
アーノルド・パーマー設計による18ホールは
「隠れた名コース」と称される高い戦略性を誇ります。
シンプルでありながら「ゴルフの奥深さ」を徹底的に追求。
パーマーが仕掛けた罠をいくつ解けるかチャレンジしてください。

9時ちょっと過ぎに到着。
駐車場はと言えば、もう、9時過ぎているのに、隅のほうに4台だけ。
(・・・写真の1番上=広い駐車場に1台だけとめています。)
お客さんは、我々だけ・・・???
チェックインして様子を聞くと、やっぱり、その通り。
「後から、もう1組来ますけど・・・」ってことでしたが・・・。
9時29分スタートが、今日の最初の組??
で、なんと、今日はレディース・デイとかで、昼食がサービス。
どうなっているのかな〜〜。

誰もいない中、1番ホールをスタート。カートは電動ですごく静か、コースの雰囲気通り。完全に貸し切り状態、空気はさわやか、景色も最高・・・白樺と熊笹でこれはもう北海道。グリーンの様子が分からないで、最初は2人ともトリプル発信。でも、全然へこんだ気分にはならない。
しかし、やっぱり、ちょっと山岳コース(実際には丘程度ですが・・・)っていう感じで、フェアウェイの傾斜とか、砲台グリーンなどで、かなり手こずって、なかなか良いスコアにはならない。

ハーフを終わる頃になると、午前中のもう一組が、猛スピードで迫ってきた。インに入ったところでパスしてもらったが、地元のおじさんたちで、またまた、猛スピードで走り去ったのでした。なんか、仕事を抜け出してきた感じですかね。

そして、後半も気持ちのいいラウンドが続く。
何度も「いいねえ、いいねえ」を繰り返しながら・・・。

途中で、まりまり(奥さん)がSWを置き忘れたのに気付き、カートで3ホールほど戻って取ってきたが、それでも、後ろの組は全然いなくて、相変わらず、貸し切り状態は続いているようでした。・・・フェアウェイへのカート乗り入れOKです!!

スコアは、49+54=103 と、不満の残るものでした。
やはり、ドライバーが思うようになっていないのが悩みの種ですね。

昼食は、カツカレーとラーメンにしましたが、広い部屋に我々だけで、ここも貸し切り状態。食事はとっても美味しかったです。

で、清算をするときにアンケートを依頼されて、提出しましたが、普通はティーだけのプレゼントが、なんと、すてきなハンドタオルを貰ってしまいました。
(・・・写真の1番下です)

「また、来て下さい」と送ってくれたが、なかなか遠くて・・・とは思いましたが、是非また来てみたいコースでした。
アットホームな感じがすごく良かったです。

気持ちのいいコース!
写真で、
伝わりますか??

アンケートに答えて・・・
通常は、ティーだけ
みたいですが、
特別(?)、
ハンドタオルも、
貰っちゃいました。